ゲーム 人生

ウマ娘やってます#16 カプリコーン杯3

やってきましたカプリコーン杯グレードリーグBグループ決勝!

メンバーはこの3人

対戦相手とのマッチング時間がドキドキしますね。

決勝は1発勝負で、全員絶好調で戦います。
つまり、普段よりも実力差が出るということです。

すべて格上の相手と戦っている身としてはつらい所。

マッチングが終了し対戦相手決まる。
運よくSランクのウマ娘は1人だけ。
勝てるチャンスがあると判断。

人気も5・8・9番人気(9人中)と絶望するほどではない。
いけるかもと思い始める。

ただ、出遅れはそのまま終了になってしまうので、3人ともそれだけは避けてほしい。

いざ決戦の時!

スタートで出遅れるエアグルーヴ。希望は残りの2人に。

さらに序盤で掛かるキングヘイロー。
キングヘイローは掛った方が今回の勝ちパターンだが、それは中盤から終盤にかけて掛かったときだ。
序盤で掛かってどうする。ただのスタミナ浪費じゃないか。
希望はサクラバクシンオー1人に。

悲報。私のサクラバクシンオーの勝ちパターンは逃げ残り。
つまり先頭じゃないと勝てない。
中盤で勝ちパターンがなくなってしまう。

最終直線の坂を上る。

エアグルーブとキングヘイローが上がってきた。
相手のサクラバクシンオーとヒシアケボノをとらえられるか。

ゴール直前。
先頭をとらえようとするヒシアケボノ。
ミラクルが起こるのではないか?と思わせるエアグルーヴとキングヘイローの差し足。
だが相手の逃げるサクラバクシンオーがスプリントターボを発動。

どうなる?

結果はわずかに届かず。

エアグルーブの出遅れがなければ
キングヘイローは掛るのがもう少し遅ければ勝っていたかもしれない。
と思わせる結果に。

人気上位陣は総崩れ。
3連単は万馬券間違いなし。

2位の報酬GET。
目標のジュエル数にはまだまだだけど、着実に近づいている。
目標に近づいていくのが目で見て確認できるのがとても良い。

目標と現状の差を認識することができると達成率はぐんと上がります。

「まず、敵を知り己を知れば百戦危うからず」

目標をよりリアルに感じることができるかがカギです。

十分勝つチャンスもあったということで、育成方針はこのままというのが結論です。
次の大会はダートの様です。
ダートは育ててないので今からです。
今回以上の苦戦が予想できます。

無課金・始めて間もない人はダート用のサポートカードもないですし、
もとよりダートのウマ娘が少ない。3人そろえられるかどうかだと思います。
それでもやりにくいのはみんな一緒なので(無課金者は)チャンスはあると思う。

無課金者は選択肢が少ない分育成目標がイメージしやすいので、
目標を達成する練習にいいと思います。

ゲームで学んで現実に活かすのが、人がゲームをしている理由なのです。
将来ゲーム(業界含む)で稼ぐ人も同じです。

それ以外の人は、エンターテイメントと割り切ってゲームをしましょう。
何も考えていない人は時間の無駄ですので、
まず、自分が何がしたいか・どうありたいのかを見つけましょう。

そうしないと時が止まったまま、カラダだけが大人になった子供になります。
全ては自己責任です。
子供だからとかそんなものは現実という人生ゲームにおいて関係ありません。
自分の行なった行為は将来の自分に返ってくるのです。

人生のやり直しはできますが、人生の難易度は上がります。(目標が同じならば)
でもやり直そうと思った人は幸いです。

気付かずに人生を終える人は多くいます。
そういう人はだいたい周りに不幸をまき散らして死んでいきます。
自分が不幸なのは自分のせいなのです。(お前の脳がそう考えているからだよ)

他人を道連れにしようとする人もいます。
そういう人が増えているのは社会の問題です。
日本の環境・教育などを見直さないとずっと続いていきます。

日本ももう一度やり直してみたらと思いますが。

-ゲーム, 人生